レアル マドリード ユニフォーム 2018 ジュニア

監督を務めた1973年までの間でリーグ優勝9回、コパ・デル・レイ2回、ヨーロピアンカップ2回。 ムニョスが在籍した10年でチャンピオンズカップ3回、リーガ優勝4回、コパ・ラティーナ2回の優勝を経験。 コパ・デル・レイを2回制覇するなど輝かしいキャリアを送った選手だ。我らがエル・ブランコの下部組織は欧州でもかなり優秀な育成組織で、優秀な選手たちをこれまでにたくさん育て上げている。

セビージャの下部組織に加入し、セビージャでラ・リーガデビューを果たすと、18試合ながら41試合に出場するなど若くから頭角を表す。 ホームエルチェとしては守備に回る時間が多く苦しい時間が長かったが、全員が組織的な守備を行い、中央を固め中を割らせない守備を継続していたがレアルマドリードに対しての1失点は最低限の前半をおこなえたかなと思う。

中盤として様々なポジションでプレーできるユーティリティプレーヤーだったイピーニャ。内戦の影響で選手が不足し、クラブ再建途中の時期に加入した選手だ。 エル・ブランコの選手として297試合に出場し、1954-1955シーズンにはリーガ・エスパニョーラにおける1試合の平均失点が最小のゴールキーパーに贈られるサモラ賞を獲得するなど守護神としてチームを支えた。

当時のスペイン代表最多出場記録だった43試合に出場しW杯にも2度出場した。 トップチームでの指揮はレアル・マドリード史上最長となる14年間にも渡り、選手と監督の両方でチャンピオンズカップ優勝を成し遂げた初めての人物。 その4年後の1990年7月16日に68歳の若さで死去してしまったものの、その功績はレアル・マドリードサッカー史だけでなくスペインサッカー史にも残る偉大な人物となった。 1939年から加入と書いているが、1939年はスペイン内戦が終わった直後。

%link%詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。