レアルマドリードb ユニフォーム

襟内側のダメージは少々残念ですが、コレクションにおすすめの一着です。 18年ぶりのリーグ2連覇を達成した記念すべきシーズンのユニフォームです。 そして、シンプルなV字型の襟と「For the Oceans」の内側ネックテープ、及び左下のAdidasxParleyJockタグが外観を完成させている。 このスタジアムは本来はレアル・マドリードの下部組織の1つであるカスティージャ(Bチーム)が本拠地として使用しているスタジアムだが、コロナの感染拡大により無観客で行われることになったラ・リーガの決定を受けて、その期間だけ使用することが決まった。

Parley for the Oceansの創始者であるCyrillGutsch 氏は、今回の取り組みは海洋汚染の認知度拡大を図るだけでなく、海洋汚染問題の真の解決へと向けたアクション&戦略であると述べています。今回ご紹介のユニフォームは2010/11シーズンのレアルマドリードです!今回はレアルマドリードのエンブレムを要素に分けて紐解くことで、かっこいいエンブレムの作り方を考えていきましょう。

皆さまもエンブレムを決める際は、絶対に譲れない要素を3つほど決めてから考えると良いかもしれません。 レアルマドリードに特徴的なゴールドの模様は、マドリードクラブフットボール(Madrid Club de Futbol)の頭文字、”MCF”でできています。実際、マーケットの主役の1社であるアディダス社社は、数十年に渡りユニフォームを提供し続けているバイエルンとは2029-30シーズンまで年間6000万ユーロ(約68億4000万円)の15年契約を新たに結び、新たにサプライヤーを務めることとなったマンチェスター・ユナイテッドとは2024-25シーズンまで年間7500万ポンド(約93億8000万円)の10年契約を締結している。

「マドリードフットボールクラブ」の名の下で活動を続けていた現レアルマドリードは、スペイン国王アルフォンソ13世から「レアル(『王室の』という意味)」の称号を1920年6月29日に拝領し、それ以降、名称はレアルマドリードとなりました。尚、ビジュアルには、レアル・マドリードの熱心なサポーター“マドリディスタ”の伝説であるイケル・カシージャスや、レアル・マドリードの選手たちが登場している。

その他の興味深い詳細レアル ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。